×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車を売るということ


海外に突然転勤といわれたら!! 僕の場合もそうでしたが、大物で処分しなければ

ならないものに車があります

赴任する年数もあると思いますが、

僕の場合う3〜5年の予定であること

それに購入してから3年だったこと

人に預けることの少しのトラブルをさけること考えて売却することにしました。

いまならインターネットで見積もりをと考えるのですが、あまりにも余裕がなかったので

早速業者を呼んでしかも相見積もりをせず見積もりしてもらうことにしました。

僕、妻を合わせて2台の車の売却を予定しており

@海外転勤だといわない
A別に売れなくてもこっちは全然問題ない
B妻の車の売却については1台目が終わるまで言わない。(6ヵ月後の渡米のため)

という態度で臨みました が

結果は買い取り価格はほんとに微々たる物でした。

反省 他社との相見積もりはとりましょう
    6ヶ月後にもう一台が妻だけの交渉になったのは申し訳なかった。
    仕方がなかったのですがそういう相談は忙しい中にもお互いに
    じっくり詰めておく必要があります
 
 買取の時に請求 用意しなくてはいけないものに下記のものがありました。

 @車検証
 A自賠責保険証明書印鑑証明 (1通)
 B自動車税の納税証明書
 C実印

 D委任状(業者が準備)→署名
 E譲渡証明書(業者が準備)→署名


印鑑証明については名義が誰の名前になっているかご確認ください
夫の名前になっていて、住民票を抜いてしまった後の、印鑑証明の取得は難しいと考えられます

もし時間があれば数社の相見積もりを取られることを本当におすすめします。

もっと詳しい情報をみる

最大5社へ中古車一括査定!価格.com


カンタン約3分のオンライン車査定